本のニュース PR

本屋大賞2021年の受賞作品を予想しました!歴代おすすめ作品・ランキング・ノミネート作品一覧・あらすじ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

本屋大賞2021年の受賞作品予想は『オルタネート』加藤シゲアキ(著)です!

追記:本屋大賞2021年は町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』に決定しました!

Contents

2021年本屋大賞は町田そのこさんの『52ヘルツのクジラたち』に決定!

『52ヘルツのクジラたち』あらすじ

自分の人生を家族に搾取されてきた女性と、母に虐待されていた少年が出会う物語。

本屋大賞2021年ノミネート作品一覧・あらすじまとめ

加藤シゲアキ『オルタネート』あらすじ・高校生限定のマッチングアプリ・NEWS・直木賞も候補に!本屋大賞2021受賞予想作品

加藤シゲアキ『オルタネート』

高校生限定のマッチングアプリ「オルタネート」を誰もが使っている時代。

東京の若者の青春を、多くの登場人物の思惑が絡み合った群像劇で描く!

created by Rinker
新潮社
¥1,100
(2024/05/26 01:28:55時点 Amazon調べ-詳細)

宇佐見りん『推し、燃ゆ』あらすじ・第164回芥川賞受賞作品

『推し、燃ゆ』あらすじ

あかりは、アイドル上野真幸の熱狂的ファンで自分なりに解釈することに人生を捧げていた。

あかりにとって、推しは人生の背骨だった。

そんな推しが、ある日炎上してしまい……

伊坂幸太郎『逆ソクラテス』

『逆ソクラテス』

小学校が舞台の短編集!

カンニングから始まった逆転劇の作戦とは!?「逆ソクラテス」など。

深緑野分『この本を盗む者は』あらすじ

『この本を盗む者は』あらすじ

“この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる”

高校生の深冬の父の書庫から、蔵書が盗まれる

本の呪いが発動し、街が物語の世界に姿を変えていく。

深冬は泥棒を捕まえて世界を元に戻そうとするが……

山本文緒『自転しながら公転する』

『自転しながら公転する』あらすじ

東京で勤務していた32歳の都は実家に戻って、地元のショッピングモールで店員として働き始めるが……。

家族の世話、仕事、結婚、全部やるのはとても無理で……

青山美智子『お探し物は図書室まで』

『お探し物は図書室まで』あらすじ

町の小さな図書室で不愛想だけど聞き上手な司書さんが、本を選んで悩む人々の背中を後押しする!

心が温まって元気が出る物語。

created by Rinker
ポプラ社
¥1,587
(2024/05/25 01:30:21時点 Amazon調べ-詳細)

伊吹有喜『犬がいた季節』青春小説

『犬がいた季節』あらすじ

高校に迷い込んだ1匹の白い子犬。

生徒と一緒に学校生活を送っていきながら、18歳の逡巡や青春を見つめる!

created by Rinker
双葉社
¥1,284
(2024/05/25 01:30:22時点 Amazon調べ-詳細)

凪良ゆう『滅びの前のシャングリラ』

『滅びの前のシャングリラ』あらすじ

一ヶ月後に小惑星が地球に衝突して滅亡すると言われている中、人生をうまく生きられなかった四人は残りの人生をどう過ごすのか……

 

伊与原新『八月の銀の雪』直木賞候補作品・感動する短編集

八月の銀の雪』あらすじ

無愛想なコンビニのベトナム人店員が、就活がうまくいかない理系大学生に見せた真の姿とは……。

心に希望が出る短編集。

2021年本屋大賞の発表はいつ?2021年4月14日(水)14時半に発表予定!時間

本屋大賞2021年の受賞作品発表は、2021年4月14日の予定です!

14時半から発表会がネット中継されます!

どの作品になるか楽しみですね(*’▽’)

本屋大賞歴代ランキング1位作品まとめ・おすすめ作品・2020年・2019年・2018年・文庫化

2020年本屋大賞・第17回『流浪の月』凪良ゆう

2019年本屋大賞・第16回『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ

created by Rinker
¥800
(2024/05/25 01:30:37時点 Amazon調べ-詳細)

2018年本屋大賞・第15回『かがみの孤城』辻村深月

created by Rinker
¥1,980
(2024/05/25 01:30:36時点 Amazon調べ-詳細)

2017年本屋大賞・第14回『蜜蜂と遠雷』恩田陸

created by Rinker
¥743
(2024/05/25 01:30:36時点 Amazon調べ-詳細)

2016年本屋大賞・第13回『羊と鋼の森』宮下奈都

created by Rinker
¥713
(2024/05/25 01:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

2015年本屋大賞・第12回『鹿の王』上橋菜穂子

created by Rinker
¥2,277
(2024/05/25 01:30:34時点 Amazon調べ-詳細)

2014年本屋大賞・第11回『村上海賊の娘』和田竜

created by Rinker
¥584
(2024/05/25 01:30:34時点 Amazon調べ-詳細)

2013年本屋大賞・第10回『海賊とよばれた男』百田尚樹

created by Rinker
¥880
(2024/05/25 01:30:33時点 Amazon調べ-詳細)

2012年本屋大賞・第9回『舟を編む』三浦しをん

created by Rinker
¥660
(2024/05/25 01:30:32時点 Amazon調べ-詳細)

2011年本屋大賞・第8回『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉

created by Rinker
¥814
(2024/05/25 01:30:32時点 Amazon調べ-詳細)

2010年本屋大賞・第7回『天地明察』冲方丁

created by Rinker
¥990
(2024/05/25 01:30:31時点 Amazon調べ-詳細)

2009年本屋大賞・第6回『告白』湊かなえ・ミステリー小説

created by Rinker
¥661
(2024/05/25 01:30:30時点 Amazon調べ-詳細)

2008年本屋大賞・第5回『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎

created by Rinker
新潮社
¥1,155
(2024/05/25 01:30:30時点 Amazon調べ-詳細)

2007年本屋大賞・第4回『一瞬の風になれ』佐藤多佳子

created by Rinker
¥1,430
(2024/05/25 01:30:29時点 Amazon調べ-詳細)

2006年本屋大賞・第3回『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』リリー・フランキー

2005年本屋大賞・第2回『夜のピクニック』恩田陸

created by Rinker
新潮社
¥880
(2024/05/25 01:30:28時点 Amazon調べ-詳細)

2004年本屋大賞・第1回『博士の愛した数式』小川洋

created by Rinker
¥484
(2024/05/25 01:30:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

歴代大賞作品の中でも、伊坂幸太郎さんの『ゴールデンスランバー』とリリー・フランキーさんの『東京タワー』はとくにおすすめです!

Kindle Unlimitedが年末年始に3カ月99円キャンペーン中!

キンドルアンリミテッドが2024年1月7日まで3ヶ月99円で読み放題のキャンペーン中でお得です!

普段は月額980円(税込みなので)

2940円(3か月分)ー99円=2841円いつもよりお得!

漫画、ビジネス本、小説、雑誌など200万冊以上の本が読み放題できるサービスです!

Kindle端末以外でも、スマホやタブレットやパソコン(Macも可)など好きな端末で読めます!

キャンペーン価格だけ使って解約することもできます!

何らかの理由でキャンペーン対象外の方の場合でも、初回利用ならば30日間無料体験ができて無料体験だけ利用して解約もできますよ!

Kindle Unlimited3か月99円キャンペーン